現役CA!スカイのブログ

現役CAのおすすめスポットや裏話、美容、健康情報もおとどけ!

子宮頸がん検診②

こんにちは。

客室乗務員のスカイです。

 

ひとつ前の記事に続いて、子宮頸がん検診について書いていきます。

 

子宮頸がんの検査で再検査になると、、コルポ診という検査が待っています。

コルポスコープを用いて、子宮頚部の精密検査、組織検査を行います。

詳しくは、子宮頚部に酢酸を塗布し、それによる変化を拡大鏡で観察するというものです。

 

調べてみると、痛い。という噂でしたが、、

実際には痛くなかったです!(個人差あり)

 

酢酸を塗布したときにすこし違和感?のようなものはありました。お医者様が声をかけ続けてくださったので、安心できました。

最後にガーゼを詰めてもらい15分ほど待機した後、ガーゼを取って頂き、帰宅できました。ちなみに、酢酸を塗布した後の写真をみると白くなっていました。見ても判断がつきませんでしたが。。

 

結果は1-2週間で出るとのことです。

この結果次第で、私の異形成がどの段階かわかるので、治療法がきまります。

 

「コルポスコープ検査」の画像検索結果

 

軽度異形成中等度異形成の中には自然治癒しにくいものがあり、高度異形成や上皮内癌に進行して行くことがあります。

● 1年以上定期的な検査で、軽度異形成や中等度異形成が継続している。

● 子宮頸部にHPV型が16、18、31、33、35、52、58に感染している。

この2つの場合は、高度異形成に進行する前にレーザー蒸散術を行う対象となり得ます。

高度異形成の標準的治療は子宮頸部円錐切除術です。

病変がある子宮の入り口(子宮腟部+頸管)を円錐形にくり抜くため、高度異形成はほぼ100%治癒します。

しかし、円錐切術後に妊娠した方は「早産」のリスクが、円錐切除術を受けていない方に比べて1.7倍~2.5倍高くなるというデメリットがあります。

入院も必要になるみたいです。

 

 

続きます。。